メインイメージ

オークションの費用

中古車オークションにかかってくる費用

中古車オークションというものはご自身で目当ての車を落札して手に入れる方法です。
個人出品の場合はその出品者との交渉で手に入ります。もうひとつの方法は中古車業者の専門のオークションです。
しかし、実際にオークションに参加することは特定の業者以外はできませんのでその業者の仲介のもと参加することになります。
中古車オークションでは車の年式、走行距離やボディーの程度、内装の具合などある程度細かく選ぶことができます。
全国的なものになりますので当然台数も多く見ることができます。

オークション開始の値段は通常中古車販売店の店頭よりも相当安く始まります。そこから人気の車種、程度やグレードの良いものは値段がつりあがっていきます。この時点でそこそこ良い値段が提示されて来る可能性があります

そこである程度のボーダーを決めて参加することが必要でしょう。深追いしてしまうとご自身の希望額からかけ離れた結果が出てしまうでしょう。その後かかってくる費用ですが、まず仲介業者に仲介料を参加前に決められた額を落札金額に加算します。大体数万円の範囲がほとんどです。そして車検がある、なしで費用が加算されます。

車検があればそこはゼロですが車検となればその業者に依頼することになるでしょう。
そして税金関係、輸送費などの諸経費等がかかってきます。こういったプラスの費用を考えると中古車オークションというのは少し高めの値段の車に使う分にはある程度のお得感がありますが元々安く購入できるような車には不向きです。ご自身で実際選んでよい車を見つけよう、そしてある程度の手間がかかっても良いという方にとっては良いシステムといえます。

中古車オークションの難点は落札まではいくら良い品、気に入った車でも手に入らないところです。
ある程度低い上限金額になるとなかなか落札にはいたりません。その都度通い、もう一度探すことになってしまいます。
そこで高めの上限金額を設定すると手間の割に安くは収まらなかった・・・といった話も聞きます。
そんなさじ加減から検討してみても良いかもしれません。中古車オークションに参加している業者は大抵店外にわかりやすく宣伝しています。実際にそういった中古車店にいき話を聞いてみてからの参加でもよいでしょう。
新車を購入しても車体金額より多くがかかってしまうのと同じように中古車オークションにもある程度のプラス金額を考えながら望むことをおすすめします。

最近の投稿